Homepage
Menu
Cart


手のひらサイズの神棚「ていのり」

「ていのり」は手の中にすっぽりと収まる可愛らしい神棚です。
祈るという所作の中で「手」は大切な役割を果たしています。手を叩く、手を合わせる、玉串を奉奠(ほうてん)する。祈りの中で私たちの手によることは多くあります。「手で祈る」という考え方から生まれた「手祈り」(ていのり)は、手のひらの中に神さまを感じることで、美しく暮らすことについて感じていただけたらと思います。

ていのり





遠くて行けない神社から
いつでもつながる神社へ
崇敬会をクラウドファンディングで設立
すべての不安への対策がここにあります

お会計